Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
南アフリカランドとは



今注目されているものに、南アフリカランドFXというものがあります。

これはいったいどういうものなのでしょうか。

ほとんど耳にしたことがない人が多数だと思われます。




この南アフリカランドとは、南アフリカ共和国の通貨単位のことなのです。



日本に置き換えれば「円」のことと言えば簡単です。



南アフリカランドを「円」の価値に当てはめると、2001年は1南アフリカランドあたり約11円でした。


ところが2004年には、約18円まで上昇しています。


2007年は、約15円というとろですが、これから先かなりのアップが期待される通貨だと言えます。



南アフリカで、2010年にFIFAワールドカップが開催されることが決定したことが大きな理由のひとつでしょう。



南アフリカ国内での経済効果はかなりのものと予測されます。



なにせ、この南アフリカはアフリカ大陸でワールドカップ初開催国となるからです。

また南アフリカ共和国は、金やダイヤモンドの産出では世界有数です。

これは学校で勉強した記憶がありますね。

ということは、南アフリカランドは資源価格の上昇や下降の影響を大きく受けるということになります。



南アフリカ共和国は、資源には大変恵まれた国ではありますが、その一方で過去に「アパルトヘイト=人種隔離政策」があったことは記憶に新しいことです。



1994年に民主化し、その後、急速に成長を遂げた国です。


今でも南アフリカ共和国はめまぐるしく変化していると言えます。


そんな南アフリカ共和国は、今世界の注目の的。


南アフリカランドを扱う証券会社が急増しているのです。


南アフリカランドは高金利の通過として、人気急上昇中なのです。


【 「第2版」で販売再開!! 】 正攻法のメカニカルテクニックを搭載した究極のオールインワン投資系e-book!! 投資バイブル - FX・商品先物・日経225先物 - 真の投資力を身につけたい方へ -
posted by: dash | | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
株式が流通する株式市場



有価証券いわゆる株式や公社債などの発行が行われる場所が、発行市場です。

また流通市場もそうですが、それを総称して証券市場と呼びます。

そして、その証券が売買されるところが流通市場です。

株式市場というのは、すなわち株式が発行され、売買をされているところなのです。



証券取引所を指すこともあります。


発行市場は、会社の経営に関係される資金調達に大きく関係しているのです。


株式は、株式市場で流通されるものとされないものがあります。

株式市場で流通している株式は、一般投資家も買うことが出来ます。


株式市場で流通している企業のことを「上場企業」と言います。


東京証券取引所や、ジャスダック、ヘラクレス、マザーズ、セントレックスなど日本において、さまざまな市場があります。


安定した企業として意味する重要な基準としての目安になるのは1部に上場しているかということです。


東京証券取引所は1部と2部に分かれています。


マザーズ、ヘラクレス、セントレックスなどは、上場基準が甘いので、新しい会社も上場することができますが、価格の変動が安定しないのも特徴です。


日本だけではなく、株式が取り引きされているのは世界にもたくさんの株式市場があります。


成長の著しい国に目をつけてみるのも手かもしれません。


かなりの知識が必要となりますが、日本の株式だけでなく、海外の会社の株式を買う人も現在では増えいます。


ちなみに、株式市場の営業時間は月曜日〜金曜日の9時〜15時ですよ。



リピート率95%!今週も面白い記事沢山。儲けるたの情報!日本一まっとうな株式レポート ファンドマネージャーが毎週速報解析 Montana Report トライアル版
posted by: dash | | 19:20 | comments(0) | trackbacks(1) |-
株価について



株式の価格は、株式取引を行う時に付けられるのですが、それがいわゆる株価で、この株価は変動し続けるものなので、買い時・売り時を見誤らないようにしなければなりません。


本来株価は需要と供給のバランスによってきめられるものですが、その評価基準は、売買される証券取引所で決まった株価を基にすることが多いようです。



株主が株の売買で利益を得るためには、株を買った価格よりも売った価格の方が高くなるように、売る時を選べば良いということです。


この利益を「キャピタルゲイン」と呼びます、また、配当で得た利益のことを「インカムゲイン」と呼びます。



利益があれば反対に損失もあるのが株式取引で、株式の売買で生まれる損失のことは「キャピタルロス」と呼ばれています。

先ほども述べましたように、株価は常に変動するもので、一日の最初に取引される株価を「始値」と呼び、一日の最後に取引された株価を「終値」と呼びます。



一日のうちで一番高い株価を「高値」、それと逆に一番低い株価を「安値」と呼びますが、これらの四つの株の値段「始値」「終値」「高値」「安値」のことを「四本値」と呼んでいるのです。



この四本値が、一日の株価の動きを知る上での重要なポイントになるわけですが、株価は変動するといってもそんなに急激なわけではありません。

けれども中には、一日の中で動くことのできる範囲で、暴落があることも考えられるので、この点も忘れないようにしなければなりません。



株価の変動はチャートと呼ばれる罫線表を見るとわかるので、この見方も覚えるようにすると良いでしょう。


テレビのニュースなどでよく耳にすると思いますが、東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などがそれにあたります。



それにしても、株って難しいと思うかもしれませんが、これから株に挑戦する人は、ちょっと耳を傾けてみてはいかかですか。



初心者でもできた10倍になった株式投資
posted by: dash | | 19:15 | comments(0) | trackbacks(2) |-
株の仕組み



株の買い方を学ぼうという前にまず知らなければならないのは、まず株そのものについての知識で、これから初めて株を買うことに進んでいきます。


「株式会社○○」とか「○○株式会社」など、会社の名前に付いているのはご存知ですよね。


株式会社で持つことのできる社員権、わかりやすくいうと持分、これが「株」、正式にいうと「株式」と呼ばれています。


企業が事業を拡大するためには、大きな資金が必要ですが、その際に「株券」を発行し、投資家から資金を調達するのです。



資金を調達するという場合、1人当たりの出資金額がわずかでも、出資者が大勢いればそれなりに集まって、充分な額となるのです。


株式の金額は、その会社の株券を買いたいという人が多ければ高くなります。

多くの人が希望する株券は、すなわちその会社の先での成長が期待されているということを意味しています。



この出資をしている人を株主と呼び、株式会社によって生産された利益は、出資額の割合に応じて配分されるようになっています。


ところが利益が上がっている場合はなにも問題はありませんが、それとは逆に経営が赤字である場合も、負担分が株主に分配されてしまいます。



会社が倒産した場合、株式価格がゼロになることもありうるのです。


株を買いたいと思っている人は、こんな株の仕組みを充分頭に入れ、株主になるための責任は忘れずに、どこの株を購入するのか検討することが大切でしょう。



買った価格と売った価格で儲けられるのか、売り時を間違えると大損なんてこともあり、出資額は無理のないようにしたいものですね。



ついに出た!この投資法にかけた時間およそ5700時間でついに完成!仕手株、リバウンド株を専門に狙う小規模噴火株投資法!100パーセント完全保障付き!
posted by: dash | | 18:26 | comments(0) | trackbacks(1) |-