Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
つなぎ融資の対策
つなぎ融資には、たとえ借入期間が短期であったとしても費用がかかります。


支払う利息を小さくするには、借入期間を短くすることでしょう。


金利計算は日割りなので、費用を圧縮するいい手段といえます。


少しでも得な住宅ローン利用を実現するため、効率のいい方法を事前に下調べしておくことが大事といえます。


金融会社によっては、住宅ローンは組めてもつなぎ融資は組めないところもあります。


どの金融会社がどんなつなぎ融資を出しているか、早い段階で確認しておくなどの対策が必要です。


住宅ローンの融資前に支払いをしなければならない時に、つなぎ融資が登場します。


従って、住宅ローンの契約を早い段階で終わらせることができれば、つなぎ融資の期間は短く済みます。



住宅ローンの中でも多くの人が利用しているフラット35ですが、これは融資の開始日が常に一定となっています。


つなぎ融資は、融資購入の契約をしたにもかかわらず融資を実行する日まで期間が空いてしまう間、必要なお金を借り入れるという金融商品です。


利息を少しでも少額に抑えるには、金融機関のつなぎ融資の融資実行日が多いところを選び、できるだけ待ち時間を短くするという方法もあります。



もし可能なら、つなぎ融資そのものを使わないようにするために引き渡し日をズラしてもらうという方法もあります。



つなぎ融資のリスクを不動産業者に肩代わりしてもらうという方法もあります。契約先の不動産業者次第なので、確認してみましょう。


posted by: dash | 融資 | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:41 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sarianddash.jugem.jp/trackback/81
トラックバック