Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
キャッシング金利の上限



キャッシング会社は、通産省の指導により、金融商品の広告や融資の説明資料等には実質年率で表示しなくてはなりません。


実質年率を示すにあたっては、元金にかかる金利の他、手数料や書類作成費などを合算することになります。


表示される金利には、諸費用をすべて含めるように定められているためです。


キャッシング金利を低く見せかけるようなことができないような決まりになっているのです。


少額の品物を購入する際に、利用されるショッピング・クレジットなどのキャッシング金利は、アドオン方式で計算されています。



このような場合においても、実際の金利負担よりも負担が少ないように見えるアドオン料率による表示ではなく、実質年利による表示を行わねばなりません。



他の金融商品と金利を比較しやすいように、表示する年利はあくまで実質年利に換算したものが使われていています。



実質年率は出資法により29.2%が上限となっています。


従って、年利29.2%以上の高金利でお金を貸しているキャッシング会社があったとしたら、その業者は違法金融業者ということになります。



実質年利を比べることによって、キャッシング金利が安い業者からお金を借りることは大事ですが、返済を滞らせ延滞料を払うようなことになっては意味がありません。


延滞料は借りる金利よりも高額に設定されている場合が多いので、せっかく低金利のローン会社を選んでも意味がなくなってしまうことがあります。


延滞料を発生させず実質年率のみで返済が終わるよう返済の計画は確実に立てておきましょう。


日給3000円のダメ女社長がたった3ヶ月で金利27%の借金地獄から見事脱出し、日給3万円、貯金700万円に大変身をとげた!ミラクル借金清算マニュアル!【シルバーコース】
posted by: dash | キャッシング | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sarianddash.jugem.jp/trackback/62
トラックバック