Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法





借り換えによって住宅ローンの返済額を減らすには、どうするべきでしょう。


どのような返済プランを立てれば、住宅ローンの返済を楽にすることができるでしょう。


将来収入が増える予定のある人で、例えば勤続年数にしたがって確実に収入が増える職場に勤めている場合や、共働きになる予定がある場合の住宅ローンの返済プランがあります。



例えば、あと数年で教育費の負担がなくなるなど、将来支出が減る予定の人もいます。



当面の返済額を減らすような住宅ローンの借り換え方法がおすすめです。


住宅ローンは、組んだものの繰り上げ返済などで短期間での完済が可能なほどの財力のある人や、財産分与などで今後まとまったお金を得る予定がある人、返済に不自由しない収益のある人は、金利が上昇しても返済が滞る危険はありません。



そういう人が住宅ローンを借り換える場合は、10年程度の固定金利型で低金利のものを狙うと良いでしょう。


もし10年後に金利が上昇しても収入や貯蓄に余裕があれば、その時に繰り上げ返済をしたりと柔軟に対応できるからです。



固定金利型の10年型住宅ローンならば、返済の残りが15年以上の住宅ローンを組んだ人にとって借り換えがお得になる可能性があります。


返済期間が少なければ、金利上昇によるリスクが低い借り換え方法と言えます。



住宅ローンの借り換えを検討する人の中には、まとまった貯蓄があり返済に余裕のある人もいます。




金利が低く、今の住宅ローンよりも返済総額を低くできるものに借り換えることが基本です。


もれなくもらえる


posted by: dash | カードローン | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sarianddash.jugem.jp/trackback/35
トラックバック