Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
転職市場活性化の時期



かつて、バブル景気と呼ばれる好景気の時代がありました。


1980年代後半は土地の値段などが、どんどん上がりました。


好景気を受けて売り上げが、上がっていった日本の企業は、新たな事業を立ち上げたり規模拡大のため採用枠を増やしました。


バブル期の就職事情は今までにないほどの売り手市場で、各企業は新規採用の学生を競って獲得していました。



日本では、学生が学校を卒業して企業に就職すると、定年するまで雇用され続ける終身雇用が一般的とされてきました。


しかし、このバブル景気に陰りが見え始め、バブル崩壊と言われるようになる1993年頃になると、その傾向は崩れ始めました。


労働者全体からみると少数ではありましたが、転職市場は活性化する調子が見えていました。


けれども、バブル崩壊直後は就職氷河期と呼ばれる時期であり、転職活動もなかなかできなかったようです。


就職活動が思うようにいかなかったため、正社員になれずにフリーターが増えていた時代でもあります。


団塊の世代が次々と退職しはじめた2003年頃は、ようやくバブル崩壊の影響も一段落し、経済が回復して求人が増加した頃で、転職市場も賑やかになってきました。



通年を通して考えると、求人も求職も盛んになる季節というものがあるようです。


6月から7月にかけてと、12月から3月にかけては転職市場が活性化する時期です。


12月から3月頃は年度が切り替わる時期なので、それに合わせて職を変えることがあること、ボーナスの時期であることが理由でしょう。


195社へ応募した40代父さんの「誰も教えてくれない転職ノウハウ」(改訂版)
posted by: dash | 就職 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:37 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sarianddash.jugem.jp/trackback/101
トラックバック