Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
FXシステムトレード
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
My”アフィリエイト
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
つなぎ融資の対策
つなぎ融資には、たとえ借入期間が短期であったとしても費用がかかります。


支払う利息を小さくするには、借入期間を短くすることでしょう。


金利計算は日割りなので、費用を圧縮するいい手段といえます。


少しでも得な住宅ローン利用を実現するため、効率のいい方法を事前に下調べしておくことが大事といえます。


金融会社によっては、住宅ローンは組めてもつなぎ融資は組めないところもあります。


どの金融会社がどんなつなぎ融資を出しているか、早い段階で確認しておくなどの対策が必要です。


住宅ローンの融資前に支払いをしなければならない時に、つなぎ融資が登場します。


従って、住宅ローンの契約を早い段階で終わらせることができれば、つなぎ融資の期間は短く済みます。



住宅ローンの中でも多くの人が利用しているフラット35ですが、これは融資の開始日が常に一定となっています。


つなぎ融資は、融資購入の契約をしたにもかかわらず融資を実行する日まで期間が空いてしまう間、必要なお金を借り入れるという金融商品です。


利息を少しでも少額に抑えるには、金融機関のつなぎ融資の融資実行日が多いところを選び、できるだけ待ち時間を短くするという方法もあります。



もし可能なら、つなぎ融資そのものを使わないようにするために引き渡し日をズラしてもらうという方法もあります。



つなぎ融資のリスクを不動産業者に肩代わりしてもらうという方法もあります。契約先の不動産業者次第なので、確認してみましょう。


posted by: dash | 融資 | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
住宅ローンのつなぎ融資の費用
つなぎ融資は銀行からの住宅ローン融資が始まるまで借りるわけですが、当然、借り入れた期間の分だけ金利を支払わなければなりません。



つなぎ融資は、その性格上借り入れの期間が短期間になるものの、ある程度まとまった金額を即座に必要とする人が対象となっているため、金利が高い傾向があります。



それだけでなく、印紙代、振り込み手数料、印鑑証明の費用、住民票の発行手数料など、さまざまな経費がかかります。


一つ一つの費用はそうでもなくても、申請に必要な経費は合計すると、そこそこの金額になります。


色々考え合わせると総額は増えていく一方なので、家を買うためにかかる資金は多めに見積もっておくべきでしょう。



つなぎ融資を受けるには、数万円程度の印紙代や手数料を見込んでおく必要があるでしょう。


融資金5,000万円のつなぎ金利を年率2.4%で利用する場合、たった1日で約3,300円ずつの利子が毎日つくことになります。



つまり、10日借りるだけで3万円近い利息が発生するのです。


こうした利息にもさらに印紙代がかかることになるので、つなぎ融資にはおおよそ5万円ほどの出費がかかってしまいます。



最終的に、11〜14万円ほどの経費が、お金を借り、そして返すために必要となるわけです。


よく利用されるタイプの住宅ローンにフラット35というものがあります。


フラット35では、最初の日が月の何日かが指定されています。


つなぎ融資は、住宅ローンのスタート日と物件の契約日程によって、どうしても必要となる可能性があるものです。



借り入れ日数や手続き費用なども含めて資金を見積もってください。


posted by: dash | 融資 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
住宅ローンのつなぎ融資とは



住宅ローンのつなぎ融資について。


住宅ローンを申し込むと、融資が実際化しお金を受け取るまでにタイムラグが生じます。



住宅購入のためにすぐにも必要な資金を借りようとしているにも関わらず、数日から数十日もの時間がかかることがあるのです。



つなぎ融資というのは、住宅ローンの融資が実行されるまでのあいだ、資金を融通するために借りる融資を指します。


遅くなってしまう住宅ローンを待つのではなく、つなぎ融資の資金で住宅の手付け金や建築の着手金を支払い、後に入ってくる住宅ローンの資金でつなぎ融資を返済します。



土地の登記を行うためには手付け金が必要ですが、そのためにつなぎ融資を使います。


土地の登記が完了してから、その土地を担保にすることで金融機関から住宅ローンを借りることができます。



この住宅ローンで融資を受けてから、つなぎ融資を返済します。



つなぎ融資は住宅ローンとは別に契約書が必要で、金利も住宅ローンとは別なもので、つなぎ融資の手続きや金利が別途必要になるのです。


そのため、新築の家を建てるような場合には、不動産会社がユーザーの代わりに銀行などから融資資金を直接受け取ることを条件として、代金を支払う前に登記を認めてくれることがあります。



このような形(「代理受領」といいます)が取れるかどうかは、不動産会社によって違います。


自己資金を投入するのか、それともつなぎ融資を利用するのか、土地と家を購入する時には、よく検討して住宅ローンを利用する必要があります。


いつまで賃貸住まいなのですか?極・MORTGAGEテクニック 無理なく苦労せずに家を買いましょう!住宅ローン徹底活用マニュアル
posted by: dash | 融資 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-